プロジェクトで水を選ぶ新習慣!毎日気軽に社会貢献。

プロジェクトで水を選ぶ新習慣!毎日気軽に社会貢献。

こんにちは、PRのキエです。
5月に入り、だんだんと暑くなってきましたね。

水分補給したいとき、お茶やジュースをペットボトルで買う人が多いと思いますが、やはり水は欠かせません。
ミネラルウォーターはいろんな種類がありますが、みなさんは、どのように商品を選んでいますか?

実は、各社さまざまな社会貢献活動に取り組んでいました!
今回は、そんなミネラルウォーターを特集します!

‘地元の水’応援プロジェクト2014ーいろはす(日本コカ・コーラ)

いろはす

「毎日のツイストで、世界は変えられる」

「おいしい」と「環境にいい」を両立した日本コカ・コーラの商品です。
TVCMでも、よく見かけるようになりましたね。

いろはすは国産の天然水を使用しているので、国内向けの社会貢献活動に力を入れています。

「’地元の水’応援プロジェクト2014」では、ほたるが輝く水辺を守ろう!というコンセプトで、北海道から沖縄まで、日本全国の団体が協力し、水資源を守る活動を行っています。
みなさんがいろはすを買うと売り上げの一部が、このプロジェクトに寄付されます。

いろはすのイベントとして、「い•ろ•は•す Twist GOMI拾い大会」も、開催予定です。
東京はもちろん、さまざまなエリアで6月1日からスタートします。
エントリーはまだなので、実際に参加してみるのも楽しそうですね。

いろはす ぼとる

いろはす

Gift!ー南アルプスの天然水(SUNTRY)

サントリー

SUNTRYは「水と生きる」というほどなので、会社全体で環境活動に力をいれています。
サントリー天然水も、国産の天然水を使用しています。

環境活動として、包装ラベルを最薄にしたり、ボトルを最軽量にしたり、細やかな配慮をうかがえます。

「Gift!」プロジェクトでは、未来へつながる森づくりに力を入れています。
サントリーGIFT

可愛い動物たちのパッケージは全部で6種類!
新発売した「朝摘みオレンジ」味も甘過ぎなくておいしかったです♪

サントリーの飲料製品すべてに想いが込められていることを知ると、商品を買いたくなります。

南アルプスの天然水

1ℓ for 10ℓ ー Volvic(Kirin)

ぼるびっく

Volvicといったら、「1ℓ for 10ℓ」の活動です。
今年で、8年目の取り組みになります。

「1ℓ for 10ℓ」とは、ボルヴィックの売り上げの一部が、ユニセフを通して、アフリカのマリ共和国に生活水を届けている活動です。

支援先であるマリの農村部では、清潔で安全な水を使うことができる割合が約50%であり、多くの子ども達が、疾患に苦しみ、毎年多くの子どもたちが、5歳にならないうちに亡くなっています。

私たちが、Volvicを1ℓ購入するだけで、マリの1家庭の1日で使う4分の1の水の支援ができます。

私たちが当たり前に使う水は、のどの渇きだけを潤すのではなく、生活を潤す水であることに気づかされました。

Volvicはアフリカへの支援だけではなく、水源地であるフランスのボルヴィック村の環境を保護する活動をしています。

Volvic

ラムサール条約を締約したプロジェクトー evian (伊藤園)

evian

「安全でおいしいミネラルウォーターを未来に残したい。」
この想いから、evianは「貴重な湿地を守るための国際的プロジェクト」を実施しています。

確かに、今現在、私たちは、透明できれいな水を飲むことができていますが、この先何十年、続けるには、環境保護が必要です。
このプロジェクトは、湿地は水といのちを育む、重要な場所であることに着目し、ラムサール条約を締約し、10年以上になる歴史のある活動です。

evianも、volvicと同じ水源地であるフランスのアルプスの環境保護に努めていました。

evian

今回は4つのミネラルウォーターを紹介しました!
たった100円くらいで買えるミネラルウォーターでも、社会を動かす力があるんですね。
商品を買うときは、今回紹介した活動のことを思い出しながら選んでみてはどうでしょうか?

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です