若者力大賞を受賞いたしました!

若者力大賞を受賞いたしました!

こんにちは。STUDY FOR TWO代表理事の石橋孝太郎です。

なんと、、
この度STUDY FOR TWOが第七回 若者力大賞にてユースリーダー支援賞 団体賞を頂きました。
この団体賞というのは石橋個人を表彰していただいたのではなく、団体自体を表彰していただいた賞です。

これってすごく嬉しいことです。
メンバーたち一人一人が努力を地道に重ね、この活動に携わり、成果を上げてきたことが、社会的に非常に価値があると評価していただけたということなんです。

_MG_2132
 第七回 若者力大賞受賞者と審査委員の皆さんとの集合写真。
 受賞者のみなさんが素晴らしく、大賞に輝いた倉木麻衣さんをはじめ、とても刺激を受けました。


 

STUDY FOR TWOのこれまでとこれから

 

 

活動を開始して、もうすぐ6年がたちます。
正直あっという間でした。
今ではSTUDY FOR TWOを始めたから、出会えた人たち、得ることのできたチャンス、機会。
それしか自分の身の回りにはないんじゃないかと思います。

けど、そんな想いや体験は自分だけで完結させていいものじゃないはずです。
それはこの団体賞が意味している通り、STUDY FOR TWOに価値があるからです。
つまり、その価値ある活動を現場で創ってくれている大学の支部メンバーひとりひとりが、学生を卒業し、この活動の一線から退いて、自分の学生生活を振り返ったときに、
「自分の学生生活の中で、STUDY FOR TWOに入って、活動と努力を続けてきたことが、一番自分にとっても社会にとっても意義あることだった。」とそんな風に話してもらえるようにしなければいけません。

正直いまでもそうゆう環境を作れてはいないと思います。ほんと試行錯誤です。
現場があるからこそ成り立っているこの活動だからこそ、これからも団体のメンバーたちとともに、よりみんなが豊かに活動でき、誇れる活動になるよう、挑戦と改善を繰り返していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

STUDY FOR TWOを設立するきっかけになったラオスでのボランティア活動のとき。

設立当時誰も知らなかったこの活動とその理念を叫び続けて、今に至っていること。そのときの初心を忘れないようにしながら活動を続けていきます。

これからもどうぞ応援をよろしくお願い致します。

余談ですが、授賞式で盾を井上代表理事からいただくときに、お互いの身長差にお互いで爆笑していました。笑 ちなみにお孫さんが僕と同じ名前のコウタロウだそうです。

_MG_2058

 


 

 

私たちのさらなる挑戦

 

 

 

最後に告知ですが、現在STUDY FOR TWOではバングラディシュに学校を建設する資金を一部調達するためにクラウドファンディングに挑戦中です。
ぜひご協力をお願い致します。

スクリーンショット 2016-02-17 21.00.35

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です